陰茎増大の治療はどれくらいの金額でできる?

陰茎増大術にかかる費用をチェック

陰茎増大術にかかる費用を確認すると、もっとも安価に受けられるのはヒアルロン酸の注入です。
実はヒアルロン酸にもいくつかの種類があり、リーゾナブルなタイプのヒアルロン酸なら10万円もかからずに利用することができます。
高額なタイプになると1.5倍程度の価格となり、医療機関によっては更にハイグレードなヒアルロン酸が用意されています。
金額にこだわらないのであれば、できるだけグレードの高いものを使用した方が、陰茎増大術の満足度も高くなります。

理想の大きさや形は人によって違いますので、事前のカウンセリングでは希望をしっかりと伝えることが大切です。
これまでに多くの陰茎増大術を手掛けてきたクリニックなら、患者さんの要望を正確に汲み取り、理想に近い状態を作り上げてくれます。
一度陰茎増大術を受けてしまえば、長年のコンプレックスからも解消されて、異性に対しても自信を持てるようになりますので、金額以外の面にも目を向けて選びましょう。

シリコン挿入法による陰茎増大術

陰茎増大術ではヒアルロン酸を注入する方法が有名であり、金額を調べるとこの方法の相場が出てくることが多いのですが、実は他にもシリコン挿入法があります。
これは医療用のシリコンを陰茎の筋膜層に挿入して、ペニス全体に大きさを出す治療法です。
勃起をした時に張り出すように最適な位置とサイズを選んでくれます。
小さく切開しますが、傷跡は残りませんので、パートナーの目を気にすることもありません。

シリコン挿入法の金額は、ヒアルロン酸よりも高額です。
とても値の張る治療法であり、一般的に安くても40万円以上はかかると言われています。
金額だけを見ると陰茎増大術の中でもハードルが高いように感じて躊躇してしまいますが、理想の形を作り上げることのできる治療法として注目されていますので、お金のことが気にならない場合には選ばれることも多いようです。
シリコンを入れる場合も円柱型とT型とがあって、相談しながら決めます。

まとめ

陰茎増大術にかかる金額は、ランクの低いヒアルロン酸の注入がもっともリーゾナブルです。
ヒアルロン酸のにもいくつかの種類があり、良いものになるとそれなりに高額になります。
品質が良いのはグレードの高いものですので、カウンセリングでしっかりと相談した上で最適な物を選びましょう。

更に高額なのがシリコン挿入法であり、安くても40万円以上はかかるとされています。
理想の形を作り上げることができ、円柱型とT型とがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。